Staff Blog

ブライダル豆知識

2017.12.07

WeddingReport❤

こんにちは!フェリーチェの瀬田です♪
先日、担当させて頂いたお二人のご紹介です

Ryouhei&Minami&Miu 

お二人の挙式のテーマは「トトロ」でした❤

招待状と席札、メニュー表がこちら↓↓

招待状は葉っぱの形をしていてとても可愛かったです♪
種類が多い席札は悩んで悩んで、トトロが沢山いる席札にしました!!
メニュー表はお二人の好きな画像を使って手づくり!!
100均で用意したどんぐりと一緒にテーブルに飾りました☺

そして、お二人がもう一つこだわったウェディングケーキ🍰がこちら↓↓

Minamiさんのご希望でトトロとまっくろくろすけをコラボ!!
ご家族の似顔絵とお名前のプレートも添えて、
世界に一つだけのウェディングケーキになりました

お二人は挙式日の5カ月前に隠岐に転勤になってしまい、
新しい所で不安もある中の準備でしたが、「みんなにトトロと一緒に楽しんでもらいたい」
という気持ちで頑張っておられました。
当日では、ゲストの方の「可愛い~!!」という声を聞いて嬉しそうにしている二人を見て
私も幸せになれました

これからもフェリーチェの結婚式をご紹介させていただきます♪

2014.09.14

ブライダル豆知識(配席について)

  こんにちは!プランナーの齋藤です。

今日はよくある質問の中で「配席について」お話しいたします。すべてを書くと長くなり過ぎるので、今回は「お一人で出席される方」についてです。

 

お二人が頭を悩ませる席次表。

当館では「円卓」と呼ばれる丸いテーブルに配置して頂くことが多いのですが、当然テーブルに座れる人数は決まっています。

席の上下などのこともありますが、それはある程度ルールがあるのでそれに従えば基本OK。家族・親族・会社・友人とグループごとに人数もバランスよく出席して頂いていると悩むことも少ないでしょう。

しかし、前の会社でお世話になった上司や、他に共通の友人がいない友人、学生時代の恩師、他にも出欠の兼ね合いで・・・などなど、お一人でのご招待となる方々が出て来るの
もよくある話しです。・・・どこに配席したら良いか悩みませんか?

周りとお話しも出来ず、盛り上がれないし、感動も分かち合えない!なんて折角皆様
と同じように来てくださったのに、申し訳ないですよね。

 この場合まず最も重要だと思うのは「お一人でのご出席となること」・「どういう方々と同じテーブルになるかという事」を事前に伝えておくことだと思います。この事前連絡はとても大事で、知っているのと知らないのとでは気持も大きく違います。次に、同席する方々にも伝えておきます。

例えば・・・
「○○って友達が来るんだけど、他に共通の友人がいないんだよね。○○時代の友人なんだけど、一人になっちゃうから話してあげて!」など伝えておくと「誰?」となりません。近くに面倒見の良い方など配置しておき、紹介をお願いしておくと尚良いかも知れませんね。
可能ならば前日にでも顔合わせしておくとさらにGOOD!「昨日はどうも!」となりますしね。

 来賓クラスの方々でも趣味や好きなお酒など共通項を伝えておくと会話もすんなり入れるでしょう。
要は「なんとかするだろう」とほったらかしにせずに、事前にご本人と周囲に情報を伝えておくことが大事だと思います。

ゲストにとって配席は結構重要なもの、出来るだけの配慮をして差し上げる事をお勧めします。お金は1円もかかっていませんが、これも立派なおもてなしです。

2014.07.22

ブライダル豆知識(お子様料理について)

 こんにちは!プランナーの齋藤です。
日増しに暑くなって来ておりますが、いかがお過ごしですか?
こんな時こそしっかり食べて夏を乗り切りましょうね!
さて、今日はよくあるご質問のpart2、「お子様用のお料理」についてです。

これもかなりの確率でご質問を受けます。結論から申し上げますと、
バッチリご用意出来ますので、ご安心ください。
3歳~小学校低学年向けの「お子様プレート」(1,500円~) から
小学校高学年程度のお子様に向けた「ミニコース」(5,000円~)まで
幅広くご用意しております。2歳以下のお子様でも食べられる物を事前にお伝え頂けると
お好みの物をご用意可能です。勿論アレルギーにも出来る限り対応致します。

お子様連れのゲストからすれば、「ウチの子の料理はあるの?」とは聞きづらいし、
まして好き嫌いなどやアレルギーなど、わがままを言うのは厚かましい…
と思ってらっしゃるかも知れません。
子供は大人と比べて食べる量や食べられる物に個人差が大きいものです。
「ウチの姪っ子はちょっとしか食べないから、同い年のあの子もちょっとでいいだろう」と
決めつけず、こちらから聞いて差し上げると良いと思いますよ!

…あ!そうそう、「お子様ランチいる?」という聞き方ではなく「用意しようと思ってるんだけど、
内容は何か希望ある?アレルギーとか大丈夫?」と言った風な聞き方なら、ゲストも希望を
伝えやすいかも知れませんね。

お料理はゲストの大きな楽しみの一つ。大人は勿論、お子様にも喜んでいただけるよう
努力いたしますので、何なりとご相談下さいませ!
只今、お子様用のメニューももっと季節感出してもいいよねー!とシェフと話しているトコです。


お子様がいると場の雰囲気も和らぎますよね

2014.07.19

ブライダル豆知識(お車代について)

 こんにちは!
A Live でプランナーをしております齋藤です。
今日はよくある質問の中から「お車代」に関してお話しします。

【そもそもお車代って必要?】
前提として先にお伝えしておくと「本来は全額負担すべきもの」です。
結婚式・披露宴は自分たちの都合、ゲストはわざわざ時間とお金の都合を付けて
ご出席くださるのです。
出来るだけの事はする、と言うスタンスでいるのがベターだと思います。
【どの位から出せばいい?】
車で30分以内程度であればそこまで気を使う必要もないと思います。
じゃあどの位から出せばいいのか?一つのメドとして片道5,000円を超える
金額になればお車代を考えた方がよろしいかと思います。
とは言え、遠方のゲストが多数出席なさる場合、負担が大きくなりすぎる場合も
あります。その際は片道分を負担するようにしましょう。
僕の経験上、ゲスト全員分のお車代を全額負担、というお客様は稀です。
ある程度人数が増えてきた場合、片道分負担の方が大半です。
【端数があってもいいの?】
金額は3,000円・5,000円・10,000円・20,000円と言った風に
キリよく用意しましょう。新幹線や航空チケットの早割プランを上手に利用し、
お送りしておくのもスマートかもしれません。
【いつ渡せばいい?】
色々な方法が考えられますが、僕のお勧めは「受付で渡す」です。
あらかじめ「お車代リスト」を受付担当の方に渡しておき、
「この人が来たら渡してあげてね」とお願いしておくのです。
受付を通られないご親族がいらっしゃった場合は控室でご両親からがよいでしょう。
他の方法をお勧めしないのは長くなるので割愛しますが、これが一番目立たず、
かつ抜けが出にくい方法だと思います。
~最後に~
僕が最も大事だと思うポイントは…
宿代も含めて事前にどの程度負担できるのか具体的に伝えておくと言うことです。
「ごめんね、お車代は○○くらいしか出せないけど、それでも良ければ来てほしい」
とはっきり伝えておきましょう。遠方に招かれた場合、往復で数万円になることも
十分に考えられます。勿論、お祝いだからお金の問題ではない、と考える方も
いらっしゃるかも知れません。ですが、金銭感覚や経済事情は人によって違うもの。
了承済の金額と当日初めてわかる金額とでは受け止め方が全然違うと思いませんか?
なによりも気遣いを見せることが大事なのです!

 以上、本日は「お車代」についてお話しました。
今日お話しした事が全てではありませんので、また機会を見て触れたいと思います。
参考になれば幸いです。
ご相談があれば何なりと!!


「失礼にならない様、しっかり相談して」